amazonでは元々買う専門で、廃盤になって薬局で手に入らなくなってしまった制汗スプレー、お試しで使ってみたかったカミソリ、カフェインレスのドリップコーヒーなどの細々したものを購入していました。
商品を購入し届いた時に、明らかに匂いが劣化していて使えるレベルではない香水で辟易したこともあります。(その時は運営サイト側に相談することで無事解決できました)
そのように買い手として細々と使っていましたが、通販で頼んだサプリメントが余ってしまったのを始め、家の中に要らないものが増えてきたため、自分でも出品することに挑戦してみようと思い、始めてみました。

まずその商品の写真を撮影します。暗すぎたり、見切れていたりすると印象が悪いので、明るい場所で、斜めにならないように気を付けて撮ります。サプリメントなどは賞味期限や成分、決まり文句が読み取れるようぶれないよう丁寧に撮りました。
次に説明文を考えます。説明が不十分だと買い手の方に信用して見てもらえないので、公式ページや、同じ商品を出品している方々の宣伝文句を参考に文章を作っていきました。
そして値段設定では、その商品の原価、同じamazon内でどれくらいの値段で売っているのか、別のamazonでの値段を調べた上で設定していました。
私はamazonで儲けるというよりは、家の在庫を無くしたいという思いで利用し始めたので、最安値ぎりぎりを設定して出来るだけ早く買ってもらえるようにして販売していました。
慣れてくると上記のように作業を行えばいいんだと分かってきましたが、初めての出品では公式ページとアマゾンのレビューを行ったり来たりで、すごくあたふたし、説明文を書く文章が書けない、どうしようなどと悩みながらの作業でした。
時間ばかりが余計にかかって、これがもし売れた所で手間を考えれば損をしているかもなと思いました。

ある時定期購入で買いすぎてしまった「かほりのおめぐ実」という口臭を対策するためのサプリメントを出品したときでした。最安値を積極的につけていたこともあり、買いたいと言ってくれる方が見つかりました。家の要らないものが他の人のために役立ち、また少しのお小遣いになることがとても嬉しかったです。

私はamazon初心者だったので、どのような送り方を選べばいいのか悩んでしまいました。
正直儲けるためではないと言っても、追跡できるような方法で送ると送料がかさみ、そこから手数料も引かれるので、送る手間だけかかって無料奉仕のようになってしまいます。そのため出来るだけ送料を抑えたい、そのために追跡や補償がついていないけれど、多分紛失することもないだろうし、これでもいいやと思い、普通郵便を選択しました。
せっかく送料を浮かせたのに、梱包やラッピングでお金を使っていては本末転倒です。そのため家に元々あった茶色の紙袋(100円ショップで何枚かセットで売ってあります)に入れました。
茶色の紙袋に直に宛名を書くと読みづらいため、これも元々100円ショップで手にいれた付箋に宛名を書き、剥がれないようにのりで固定し、しっかり封をセロハンテープで止め送付しました。
送付完了ボタンを押して、さあ後は相手の返信を待つだけだと一安心です。
数日経って相手から到着したことが伝えられ、私への評価が済まされていました。それを見ると、「出来ればプチプチに包んで送ってほしかった」と書かれており、評価も「普通」にされていました。(問題さえ起こらなければ、すべての人が「良い」評価にするものだと思っていました)
プチプチに包むほどデリケートな商品ではないと思っていたため、この指摘に少し驚きました。
時間で計算すると儲けにならないほど時間をかけて、出品のページを作り、梱包し、送付したのに、「良い」評価をもらえず少し凹みました。