今までは定期的に地域のフリーマーケットで、自分の洋服や雑貨などの不用品を売っていましたが、丸1日時間が拘束されますし、一度に沢山の荷物を運ぶのは毎回本当に大変でした。そこで、今流行の「ラ〇マ」での販売を開始、写真を撮ったり梱包も割りと得意分野でしたので、それ程大変とは思いませんでした。それに私が利用を始めた2年前は、一番送料が安価な発送パックの規定も、良い意味でそこまで厳しくありませんでしたので、郵便局やコンビニで受付さえ通れば、少し位サイズを超過していても、無事発送が出来て非常に助かりました。但し運送会社などから苦情が出たのでしょうか、ここ1年位の間に販売出来る商品や、発送規定などに新しいルールが次々と追加されてしまいました。一度でも試着したアンダーウェア(洗濯済み)や海外コスメなども販売が禁止されてしまい、知らぬふりで出品していると、知らない間に「ラ〇マ」捜索チームに商品を削除されてしまいますので、注意が必要です。また、梱包した商品の大きさを測定する特別なツールが、郵便局やコンビニにあって、スムーズにそのツールを発送物が通らないと、一切発送の受付をして貰えなくなってしまいましたので、ギリギリ高さが3cmの商品の場合には、商品の折り方を考えたり、薄めの封筒を使用するなど、なんとか無い知恵を搾り出して工夫するのが大変です。しかし、そんな工夫をしてもお客様によっては、壊れにくい商品の場合でも、きちんと梱包材を使用して送付しないと、それだけで「悪い評価」をつけられてしまう事がありますので、事前に商品の紹介欄に「梱包材を使わない旨」を記載して了承を得ておくなど、前もった配慮が必要になる事も、苦労して何度も取引を重ねた上で分かったことでもあります。発送後も、追跡番号のない普通郵便などの場合には、損傷無く無事到着するまではすごく心配ですし、追跡番号照会をする時にも、その進捗がなかなか変わらないとドキドキしまいますが、今まで届かなかった事は一度もないので、日本の流通業界は本当に素晴らしいと改めて感動させられています。取引においても本当に色々なお客様がいますので、商品を購入して頂いた場合には、こまめに進捗状況を伝えて、商品には手書きのメッセージカードを付けて、お互いに気持ちの良い取引になるように努力しています。しかし、本当に色々なお客様がいるのは事実で、自分のプロフィールに「安価で提供しているので、単品でのお値下げは致しません。」と記載をしても、何度も何度も値引きをお願いしてきて、出来ない旨を伝えると「こんなの新品じゃないのに、ケチですね!」と心無いコメントを投げつけられたり、1週間程の取り置きをお願いしてきて、その期限まで待ったのに「やっぱり要らないです。」と謝罪のないコメントを送ってきたり、購入申請をしたのに支払をしなかったり等々、色々と悲しい思いもしました。その中でも一番驚いたのは、一回商品のお取引をしただけの男性のお客様でしたが、無事受け取って頂き、評価が終わった後フォローされ、毎日のように何度もメッセージを送ってきて、私の個人的な生活について質問してきたり、挙句の果てには「友達になりたい。」と言われてしまったので恐ろしくなり、「ラ〇マ」の管理チームに状況を伝え、ユーザーをブロックする事で無事解放されました。それまでは、比較的一般常識のあるお客様が多かっただけに、この時ばかりはお互いの住所がわからない「匿名送付」の有り難さを痛いほど感じました。気軽に利用出来るamazonですが、稀にこういう恐い体験をすることもありますので、事前のコメントのやり取りなどで常識のある人なのかどうかの見極めをする事も必要になるかと思います。でも、自分の不用品が日本全国の内、誰かの必要品になる事は嬉しいですし、素晴らしい事だと思いますので、これからも続けて行きたいと思います。