今やamazonやオークションを使用している人はたくさんいますね。もちろん私もその一人で、利用するアプリやサービスは変わったものの、通算すれば10年近くの間利用しています。その中で様々な発送方法を知り、できる限り自己負担が少なくなるように取引を続けてきました。ただ、気を付けていても何十回に一度くらいの頻度で、やりとりがうまく進まないことがあります。購入前のやりとりであれば、散々質問されたあげく購入に至らなかった、残念だけど仕方ない!と見切りをつけられますが、購入後のアクシデントには毎度悩まされます。中でも今までで1番最悪だったのは配送間違えです。自分のミスで間違えてしまったのであればまだしも、店員さんによって入違ってしまった時は本当に困ったし、文句を言ってやりたい気持ちになりました。
入れ違いが起こってしまったのはベビー服でした。余裕がある日にまとめてたくさんのベビー服を出品し、いくつかのベビー服が購入されました。同じようなサイズ感のものばかりだったので配送方法も同じ方法になり、一度で発送が済ませられるし手間が省けたと思っていました。ただ同じサイズ感であり、同じカテゴリのため間違いやすいのでは?と長年の勘から感じていました。それというのも何年か前に自分自身のミスで入れ違ってしまったことがあったからです。その時は双方から連絡があったのでスムーズに交換することができましたが、苦い経験ではあったので発送の手続きの際にはひとつずつ順番にカウンターに置いて手続きをしてもらいました。しかしそのかい虚しく伝票が入れ違ってしまったのです。おそらく連続でコピーをして上の用紙から順番に渡されたのでしょう。当然上には後に渡した商品の伝票がくるわけですから、そのせいで3つの商品がそれぞれ行き違っていたのです。
はじめの一人から連絡がきた時、商品を受け取り中身を見たら全く違う商品が入っていました。どうしてくれるんですか?と言われとても焦りました。発送した商品が少なければどこに行ってしまったかすぐに特定できるのに、一緒に手続きをした商品が5つほどあったからです。とりあえず謝罪をし、複数の商品を同時に発送したため、確認に時間がかかる旨を伝えた上で自身での調査が始まりました。この時点ではいくつの商品が行き違っているのかも分からないため、購入いただいた全員に今回の状況をお伝えし、商品が届き次第確認し、商品が相違している場合は連絡がほしいと伝えました。良い方ばかりで3人からはすぐに連絡がきました。しかし1人からは一向に連絡がこず、この時点でその方への荷物が行き違いになっていることは明らかでしたので、ただ待つしかできず不安になりました。待っている間に今回の取引はキャンセルしたいと連絡がきたり、まだですか?と催促されたり。結局、連絡が取れなかった方は海外旅行に行っていて状況を知らず、帰宅するまで連絡ができなかったということでした。
送料は私の負担でそれぞれより返送手続きをしてもらい、手元に届いた商品を改めて送り直し、なんとか手続きを終えることができました。この一連の流れが完結するまでに1か月以上がかかったと思います。
不要なものを必要な方に購入してもらえる便利なツールなだけに、慣れてきた時に起こりがちなミスだったと思います。発送間違いは余計なお金もかかってしまい、下手をしたら利益が出ないどころか、マイナスになってしまう恐れもあります。店員さんに任せきりにせず、最後の最後までしっかりと確認をし、行き違いを防ぐことの大切さを思い知りました。それ以降は梱包材に商品名や、購入者の名前を小さく書いておくなど、最終チェックとして伝票と照らし合わせて発送をするようになりました。