ゲームセンターで取れるプライズ品のフィギュアなどを大量出品していた時のことです。最初に提示していた価格よりも安くするように交渉されることはよくあり、私もそれで売れるのなら、と思っていました。そんなある日同じように価格を約1割ほど安くするように交渉のメッセージが来ました。一番送料が安くなるように、保証付きではなく普通郵便で送ることを再通知させていただいて、購入者の方とも合意を得られましたので価格を安くし、無事に購入の手続きが終わりました。ここまではいつも通りの流れで、この後は普通に梱包をして郵便局から送るだけだったのですが…梱包を終えた夜、明日郵便局に行って発送しますとメッセージを送ったところ、相手から反応がありました。配送方法についての確認とのことだったのですが、なんと突然、送り方を保証付きのものに変えてほしいと言ってきたのです。そもそも価格を訂正して購入が終わっている段階での価格の再変更は出来ませんし、今更送料を購入者負担に変えることもできません。保証付きの送り方に変えたとして、そこから手数料などを引くと自分の手元に残る金額は本当に微々たるもの。元々お金を稼ぐ目的で値段を高めに設定している人は困らないかもしれませんが、私は少しでも家のものを売ってしまいたいというだけだったのであまり金額は高めに設定していませんでした。なので、私はすぐに購入者にメッセージを返しました。
購入前、価格を設定しなおす際に配送方法は普通郵便にすると言ったし、購入者からの合意も取れていたので変更は出来ないと主張したのですが、相手からの反応は悪く…。フィギュアは壊れやすいので万が一の事態に備えて保証付きの送り方にして欲しい、変更してくれないのなら荷物は受け取らないとのこと。正直こちらに落ち度があったとは思えませんし、事前に確認もしていたのですが、このような購入者と出会ったのは初めてで私も困ってしまいました。やり取り自体をキャンセルしてしまえばよかったのかと今では思いますが、当時は運営会社を通して何かと手続きをするというのは面倒だし分からないことだらけでした。できるだけ梱包を厚めにして本体に損傷がないようにするともお伝えしましたが、それでも相手は送り方そのものを変えてくれないとダメだの一点張り…。仕方なく配送方法を変更して次の日出荷したのですが、やはり手元に残った金額はたったの二桁。これなら近くのリサイクルショップにでも持って行ったほうがよかったのではないかと思ってしまいました。
余談ですが、フィギュアというのは転売が多く、例にもれずこの商品も後日私が売った金額よりも大幅に金額を上げて出品しなおされていました。あくまで売ったものの所有権は購入者に移っているのでどうこう言えませんが、正直それを見てしまったときはやられた…と思わざるを得なかったですね。それ以来フィギュアの出品はなるべくしないようにして、価格の交渉も出来るだけお断りするようにしています。人と人が直接やり取りするamazonサイトやオークションサイトが流行っている今、言った言わないなどのトラブルが起きることも多く、実際に今回のようにお互いの合意があっても後から条件を捻じ曲げてくる利用者も中にはいます。お互いが嫌な思いをしないように、必ずしっかり自衛をしたうえで、何らかのトラブルが起きた時は泣き寝入りせず、すぐに運営会社に判断をゆだねるといった対応も大切になってきますね。今回の件で特に自分は思い知ることが出来たので、勉強にはなったかなと思います。これからは金額面で不利益を被らないように、まずは購入者のプロフィールやレビューに目を通すようにしようと決めました。