最近使っていないなぁということで、先日3DSを売った時の話です。充電ケーブルなどの付属品とセットで出品し、ありがたいことに7000円程度ですぐに売れました。私はすぐに梱包の準備を始めたのですが、そういえばゲームを売るときは中に入っている個人情報を消去するためにも初期化をしてから発送すべきだと聞いたことがあるなと思い出し、久しぶりにゲームを起動させました。数年前に起動させたぶりだったので、中の情報はそっくりそのまま。実家のWiFiの情報や自分の出身地や名前、さらには当時撮った写真などもそのままになっていました。これはまずいと思って設定から初期化を選んだのですが、なんと。ネットワークに接続しなければ初期化が出来ないとのこと。初期化をするのにどうしてネット接続が必要なんだ!と思って、任天堂のサイトで確認してみてもやはり結果は同じでした。残念なことに、3DSが売れる直前に私の家のWiFiの調子が悪くなり接続することが出来なくなっていたのです。
このままでは個人情報がたっぷり詰まったゲーム機を顔も名前も知らない他人に譲ることになってしまう。と思って色々な方法を考えました。まず、私は内部に入っているSDカードを抜くことにしました。そうすると中のほとんどの情報はきれいに消えたのですが、そのSDカードは3DSの元々の内容物に含まれているものなので、それだけを欠品状態で発送するわけにもいかず…。そして次にお店や駅などのフリーWiFiを使うことを考えました。よく小学生が飲食店で3DSやSwitchなどを使っているのを見たことがある!と思い、接続方法や利用方法などを検索しましたがどうにも難しそう。承認パスを現存するメールアドレスに送ってから…や、お店の人にパスワードを直接聞く必要があるなど、一体あの少年たちはどうやってゲームをしているんだ!と叫びたくなりましたが、残念ながらこの案も断念。友人の家に行ったり、実家に帰ってWiFiに接続するということも考えましたが、さすがにそれは大変だし、明日には出荷する約束だし…ということで、私は自分自身で初期化することを諦めました。結論、どうしたのかというと取引相手に事の全てを説明することにしました。
「自宅のWiFiの調子が悪く、初期化することが出来ないので商品が到着したらすぐに初期化を行ってから使ってほしい」というように隠さず状況を伝えました。時間も遅く、とても面倒なことを頼んでいる手前とても申し訳なく思っていたのですが、相手からの返事はとても優しいもので「わかりました、不安なお気持ちお察します。到着したらすぐに初期化しますのでご安心下さい、正直にお話ししてくださりありがとうございます」と、逆にお礼まで言われる結果。amazonを利用する人の中には悪い人も良い人もたくさんいますが、この時の取引相手はとても良い人だったと今になって思います。最終的に相手を信じてそのままの状態で発送し、到着後に初期化しましたよとメッセージが来ました。
ゲーム機に限らず、PCやスマートフォンなどの電子機器は個人情報の塊、ということを今回思い知らされました。相手の顔が見えない以上、最大限の自衛をしたうえで商品を発送することはとても大事です。今回私は、取引相手がたまたま良い人だったということで助けられましたが、中には個人情報を悪用する人も残念ながらたくさんいます。もしかしたら今回の取引相手も本当は初期化していない可能性だって考えられます(そう思いたくはないですが…)。最近のゲーム機はどれもネット接続が基本になっているものも多いので、同じように売ろうと思っている人はしっかり初期化をしたうえで取引の場に出していただきたいなと思います。