自分はゲームをよく買ったりして遊んだりしているんですが、気になったゲームをポンポン買ってしまうので困ったことにやらないゲームを積んでしまうことが多いんですよ。
そこでよく聞くamazonを使うことにしました。これで売れば少しはお金的にもマシになるかなぁと考えましてね(笑)
今回売ったのは「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ オマケの都ショックガーン!」というゲームボーイのカセットですね。
これはDSでリメイクされているんですがゲームボーイの方がレアでよく売れるんじゃないかとチョイスしてみました。
ところでamazonで大事なことって何か知っているでしょうか。値段設定なども大事ですが、必要なのは説明文の正確性です。
自分はそれを軽視してしまっていました。それがあんなことになるなんて・・・
まずは普通に商品の写真、梱包する容器や封筒。今回はカセットのみでしっかりと梱包しないと壊れるのでそこは大事にしました。
そして件の説明文を書きます。値段設定はAmazonの値段を参考に1000円にしました。どうせ小遣い程度だと思っていたのでこんなものかと考えていました。
そのまま問題なく商品設定などなどを終わらせ、出品しました。
あれよあれよと購入者が決定し、いい感じに入金を確認できました。別に詐欺がしたいわけでもないのでそのまま納品。
普通であればこのまま購入者はゲームを遊び、自分はお金をもらってwin-winでしたが事件が起きました。
先ほど説明文に問題があったという旨を書きましたが、これが事件の火種になります。
例えば商品が届いて、梱包を開けてみるとします。その中に必要としていたものが無かったとしたら、あなたはどうしますか。
そうですよね、苦情を入れますよね。自分はこの苦情を貰ってもおかしくありませんでした。
なぜならカセットのみのはずが説明文に「箱説明書・有」と書いてしまっていたんです。
これはすぐミスだったと自分から連絡を入れてお金も返金したのですが、購入者から応答がありません。
なぜかと思っていたのですが、カセットも帰ってきて何も問題が無いと判断し普段の生活に戻ることにしました。
しかし、いつものゴミ捨てや買い物などをしているといつも同じ人を見ることに気づきました。
何日か見かけて、変だなぁと思っていましたが同時に近くに住んでいる人なのかなと思っていました。
が、数日後さらに事件が起きました。
自分が新聞を取るために郵便受けを見るとなにやら何も書かれていない、いや一文だけ裏に「詐欺師め」と書かれた茶封筒がありました。
なにかのイタズラかと思い、好奇心で開けてみると血糊と長髪が入っていました。
これは流石にヤバいと思い警察に届けようと考えました。急いで交番への道に出ると視線を感じるんです。チラッと見ると例のよく見た人が居ました。
流石に命の危険を感じた自分は猛烈にダッシュをかけました。ひとまず人通りの多いところだけを通り少しだけ遠回りで交番へ向かいました。
とにかくがむしゃらに走った自分は息も絶え絶えで交番の前へ着きます。一応もう視線を感じることは無かったので撒くことが出来たんだと思います。
交番へ急いで入り、事情を話そうとするんですが恐怖からか上手くしゃべることが出来ません。警察の方は異常に気付いたのか優しく「大丈夫、ゆっくり話して。」
と言ってくれました。とても安心したのを覚えています。なんとか深呼吸をし、ストーカー被害を受けているという旨と茶封筒を見せて実害を受けている。
さっきまで追われていたということを話しました。そうすると警察の方はとても神妙な面持ちで、「大丈夫、あとはどうにかするから。」
後はするすると事は進み、詳しい事情を聞かれて後は警察の方の車で自宅へ送られました。少しの期間は周りでパトロールを行ってくれるそうです。
なんで自分をストーキングしたのかという理由は上手く理解できませんでしたが、amazonって怖いこともあるんだなと思いなおしました。