amazonで自分のアクセサリーや洋服を売っていましたが、価格交渉がとても多いです。中にはこちらにほぼ利益がない程度の額まで値下げをお願いしてくる方がいたり、やりとりの途中で音沙汰なくなってしまったりと購入が決まるまでに苦労することもありました。あとは洋服の場合、服を着た画像をみせてくださいという依頼も多くそれが個人的には嫌でした。絶対に買わないであろう年配の男性などからそういったコメントが来るからです。人とのやりとりでさらに顔も見えないので、マナーのなってない方もたまにいて傷付くことがあります。悪質な場合はすぐに事務局に報告することが大事です。
洋服の価格についてはよほどハイブランドの服でないと中古品ですので高額で売るのは難しいかもしれません。私はプチプラの洋服が多かったため1着数百円程度ではたき売りしていました。捨てるよりは誰かに着てもらったほうが良いとは思いますが、梱包費用や送料を考えると利益はあまりないかもしれません。
あとは写真の撮り方も大事です。実物を見ることができないため、キズや汚れがある部分は特にクリアにうつるようにしないとトラブルのもとです。商品説明欄にもキズの有り無し、使用した頻度、サイズなどは特に詳しく書いたほうが、購入者さんも安心して買えるかと思います。私は一度ジャスティンデイビスの指輪を販売した時に、指輪の号数を間違えてお伝えしてしまい、発送前に気付いたため、購入者さんに訂正の連絡をいれたことがありました。そのときは訂正後の号数でも大丈夫ですとのことだったので大きなトラブルにはなりませんでしたが、注意が必要ですね。
梱包についてですが、アクセサリー類は小さいので比較的梱包にかかるお金は少額ですが、アウター類などの大きいものは少し大変です。ホームセンターで緩衝材を買ったり段ボールを買ったりする必要がありますが、ここでお金をかけすぎるとせっかくamazonで売ったのに利益がない、なんてことになってしまうので極力安く済ませる必要があります。かといって使い回しの汚い梱包だと、お金を出して買ってくれた購入者さんが可哀想なので、その部分での兼ね合いが難しいと思います。私は自分がなにか商品を買ったときに入っていた緩衝材を綺麗にとっておいたり、アパレルショップでもらった大きめの紙袋に出品する商品を詰めたりすることで梱包面でのコストダウンをしていました。
あとは発送ですが、大きいサイズの商品はとにかく送料が高いです。一度車に置くための長座布団を売ったことがありましたが送料が高く結局利益は数百円、といったことがありました。やはり利益がでるのは小さくて高額なアクセサリー類といったところでしょうか。私が利用していたamazonでは基本的に出品者が送料負担をしないと売れる確率ががくんと下がっていたので送料のコストダウンは大きな課題だと思います。
発送のために郵便局などにいくわけですがサイズが大きい商品は運ぶのも一苦労です。頻繁にいくので郵便局の方と顔馴染みになりそこはたのしかったですが。一人で重たいものを運ぶのは女性は特に大変です。
あとは自分のお部屋が段々倉庫みたいになってしまいました。服を減らしてお部屋をすっきりさせようと思い始めたamazonでしたが、何度も売っているうちに発送用段ボールや緩衝材が溜まっていきお部屋の見た目が少し悪くなってしまいました。次の発送で使うかもしれないと心配になりあれもこれも保管しておこうと思ったのが良くなかったと思います。私はamazonにはまりすぎて、毎日のように売っていたためこんなことになってしまいましたが、適度な量を売る分にはとても良いコンテンツだと思います。